【緊急】会社のHPに、「保護されていません。」と警告が出る日が近い!

皆さん、”HTTPS(常時SSL)”という言葉を聞いたときはありますか?


Googleが、前々から告知している”HPのセキュリティ強化”です。

簡単な見分け方は、ページのURLの最初にhttps://がついていれば大丈夫です。


別にセキュリティ強化なんて自分のHPは関係ないな~と思っているあなた。

今回は決して他人事ではありません。



↓↓保護されていないサイト

↓↓保護されているサイト


セキュリティは「最優先事項」

Googleはこれまで「セキュリティは最優先事項」として、

警告表示の段階的な開始など、さまざまな動きを見せてきました。


2014年・・・検索結果でセキュリティ保護されているサイトを優遇


2017年・・・パスワードやクレジットカード番号の入力フォームがある場合のみ警告表示開始


2017年・・・入力フォームがある場合すべて警告表示開始

2017年・・・FTP接続で警告表示開始


そして2018年7月からは!!

Chrome 68(2018年7月リリース予定)からHTTPサイトというだけで警告表示

つまりHTTPSではないサイトには警告が表示されます!


Googleはhttpサイト(保護なしページ)を将来的には無くすつもりでいます。



そして「https://」にするメリットもあります。

・SEOにちょっとだけメリットがある。

・サイトのセキュリティが強化される。

・読者・ユーザーに安心して利用してもらえる


しかしそれ以上に、「https://」にしないデメリットの方が大きいと思います。

(Googleからの警告がどんどん強くなると思うので)

いつかは必ず変えないといけない日がきます。


北陸の企業HPを見ていても、スマホ対応、HPのセキュリティ保護はかなり遅れています。

早め早めに行動しておきたいですよね。

7月まで残り2か月、、Webサイトを常時SSLに対応させるには、今すぐに相談した方がいいです!



私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となる事をお約束します。

Local Marketing,Hokuriku,Japan

地方がもつすばらしきリソースをもっともっと日本全体や世界に発信していこう。 大好きな地元をもっともっと自慢しよう。 そんなローカルプライドを応援するprojectです。 powerd by project.tane