災害時のIT活用から考えるマーケティング


ここ数日、西日本を中心に大きな被害が出た豪雨災害がありました。


富山県でもここ数日天候が悪かったですね。

10日夜にIphoneのアラートが何度か鳴りました。


その時は喫茶店にいたのですが、お客さんのスマホ全てがアラートだらけで騒然としました。

下記画像がその時の通知なのですが

この通知に感動しました。


何がか?というと、

・どんな状況下にいてもスマホが災害情報を教えてくれる事。

・「富山市の防災情報ツイッター」をご覧ください。と書かれている事

です。


ツイッターは、短~中ぐらいの文章(ツイート)に特化したSNSです。

なので、最新情報を発信、受信するには、最適なSNSです。


市民のツイッターの利用率は高くはないと思います。

ツイッターを知らない人からしたら、なんの事か分からないでしょう。


しかし、災害情報を知らせる。事を目的とし、

知らせるためならば、便利なものは取り入れる。姿勢にとても感動しました。


様々な会社で、ネットの重要性が見直されていますが、

「ネットは若い人にしかリーチしないもの。」という概念がまだ多いと思います。


しかし、ネットの情報を伝える能力は高く、今や全年齢の方がネットを利用しています。


「ネットは若い人向けだ。」と決めつけるのではなく、

・ネットを使ってどうやって情報発信していくか。

・どうしたら、色んな人が分かりやすい情報になるのか。

を考えていく必要がありますね。


私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となる事をお約束します。

Local Marketing,Hokuriku,Japan

地方がもつすばらしきリソースをもっともっと日本全体や世界に発信していこう。 大好きな地元をもっともっと自慢しよう。 そんなローカルプライドを応援するprojectです。 powerd by project.tane