カフェでサブスク!?「さくらとねこと」


こんにちわ。

ママライターのchiharuです。


サブスクリプション(略してサブスク)ってご存じですか?


サブスクとは、製品やサービスなど、一定期間利用することに対して代金を支払うビジネスモデルのこと。

いわゆる「定額制」と同じ意味です。


月額で音楽や動画を視聴したり、洋服をレンタルしたり、最近ではクルマを定額リース代でレンタルするサービスなど、さまざまなサブスクが登場していますよね。


実は富山にも、コーヒーのサブスクを導入しているカフェがあるんです。

そこで今回、そのカフェについてご紹介いたします。



【カフェさくらとねこと】

先日ブログ内でご紹介した、「わくわく空間kitEN」と併設しています。

「ねこカフェじゃないよ」と書かれた看板が目印(笑)


店内は、スタイリッシュで落ち着いた空間。

大きな黒板とタイル貼りのカウンター、そしてブラウン×ブラックのインテリアが、なんとも個性的でオシャレ。


男性一人でも居心地よく過ごせそうな雰囲気です。



店内には、可愛い”ねこ”があちらこちらに。

(*本物のねこはいません。)


おっ、電源の横に発見!


こっちにも!!


愛くるしい姿に、慌ただしい日常を忘れて癒されちゃいますね。



おっと、忘れちゃいけない!サブスク。

サブスクリプションについての説明がありました。

【とってもお得!サブスクリプション】


定額パス:3000円(税込み)


≪特典内容≫

・お好きなドリンク1日2杯無料

・セットメニュー300円引き

申し込み日から30日間有効とのことです。


1か月コーヒーを6杯以上飲む方には、かな~りお得!!

どうやら、朝寄って会社帰りにも寄って・・・って利用者さんも多いとか?!




【とっても快適!ノマドワーカーにも】

こちらのカフェ、個人的に驚いたことが。

それは、電源の数!(笑)

いたるところに、これでもか!!ってくらい電源が配置されています(笑)

「電源空いているかな?」なんて心配はご無用です!


もちろんWi-Fi環境もばっちりなので、ノマドワーカーにとって神スポットですね。



【小腹がすいたら】

仕事や勉強の途中、小腹が空いたらぜひ食べてほしい。

「ブランジェまさ屋」さんから特注したパンに、選べる具材をたっぷり挟んだ、

こだわりのサンドウィッチ。

写真のサンドは、てりやきチキンとたまごサンドをチョイスしました。


やみつきになりそうな美味しさ。

ボリュームもあって大満足すること間違いなしですよ。


具材はいくつか種類があるので、ぜひ色んな味を楽しんでみてくださいね。



【まとめ】

サブスクを導入しているカフェは、富山ではまだまだ少ない現状です。

しかし、いつでも通えてかつ美味しいドリンクが飲めるという、利用者にとってのメリットも多くお得なサービスですよね。


これから、富山でもサブスクが使える店がどんどん増えていくことを期待しています。

そんな富山の未来を引っ張っていってくれる「さくらとねこと」


スタッフさん達の笑顔と元気、そしてワクワクが溢れる素敵なカフェでした。

ぜひ、みなさんも一度立ち寄ってみてくださいね。




ーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの記事もおすすめです。

関連サイト

私らしく、挑戦できる「わくわく空間kitEN」

寄り道していく?【ふしき坂ノ上ヴィレッヂ】

ーーーーーーーーーーーーーーー

私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となる事をお約束します。

Local Marketing,Hokuriku,Japan

地方がもつすばらしきリソースをもっともっと日本全体や世界に発信していこう。 大好きな地元をもっともっと自慢しよう。 そんなローカルプライドを応援するprojectです。 powerd by project.tane